ホーム > 地域 > 負けるときのことを考える

負けるときのことを考える

外為初心者の方が為替の大切なところを探すためには、最初に学習を繰り返すことが大切です。

 

とりわけ、先に危機を嗅ぎとるようになるようになるにはポカを積み上げることも大事です。

 

間違いをするといっても、立ち直れなくなるほど致命的な失敗をしてはいけません。

 

ちょっとした負けを何回か経験することが、結論としてあなたの経験値を高めてくれるはずです。

 

それを考えると、まず初めは少額でエントリーしてここで幾度か取り戻せる間違いをすることをおすすめする。

 

たとえば、100万円だけしか投資に回すお金のない人がいきなり100万円を一円も残さないで賭けて売り買いするとマイナスになった時、その後元に戻せない可能性があります。

 

それよりも、資金の10%ずつ小分けしてトレードを行ない、それで買ったり負けたりを経験した方が所徐にマイナスを埋め合わせる方策なども学習していくはずです。

 

最初にわずかなお金で投資することの有益なところは、先に言及したように、自分の実戦を増やしミスをコントロールする手法を習得していく事にありますが、一緒に、トレードの回数を多くして、危険性を小さくできるという長所もあります。

 

仮に、トレードで勝率が5割だとしよう。

 

言い換えると、等しい確率で負けるリスクもあります。

 

勝率5割ということは。

 

五分五分の比率で勝利できる事を意味しています。

 

しかし、全ての投資資金を賭けて1回こっきりのエントリーをするということは、勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

 

これは賭博と同じです。

 

これは、全財産を投入して1回だけしかトレードしないとその分だけ大損する危険性が大きくなってしまいます。

 

そのため、投資するお金を1度に全部つぎ込むのではなくいくつかに分けて、投資回数を積む事がリスク管理となります。

 

だからといって少しずつ分けたとしても、すべての取引でプラスにする必要はない。

 

勝てないのが実際のところです。

 

投資で大切なのは勝つ確率ではなく、どのように稼ぐかです。

 

勝ち負けが同じでも、仮に勝率5割以下でも利益を出す事は出来ます。

 

それ以上負けてもその損益が少しであれば、少ない勝利のプラスの大きさだけで相当儲けられます。

 

そのためには、損を少なく、利益を大きくを覚えておく事です。

 

損が出たら素早くロスカットしてそれとは逆に利益を上げられる場面では上手にプラスにする事が、FX投資ビギナーがFXで勝利するための方法です。

 


関連記事

  1. 負けるときのことを考える

    外為初心者の方が為替の大切なところを探すためには、最初に学習を繰り返すことが大切...

  2. 警官同士で事故

    警察官が運転するパトカーが衝突するという事故が発生したようです。交差点で事故を起...

  3. テスト

    テスト記事です。...